日本政策金融公庫の無担保融資

銀行や消費者金融などによる無担保融資の他に無担保融資が行われているところに日本政策金融公庫があります。日本政策金融公庫とは全額政府出資の政府系金融機関で、銀行などの一般的な金融機関からの融資が困難な小規模企業でも、融資の可能性が高いところです。また、教育ローンとして学問を修めるためにかかる費用への融資も行われています。ただし、融資に使われる資金は国の税金なので、貸し倒れリスクが高いと判断されると融資は認められません。

日本政策金融公庫の審査は待ち時間が長く、全般的に厳しいのは、このような事情からです。この日本政策金融公庫が無担保で貸し付ける融資が、新創業融資制度です。新創業融資制度は、保証人も担保も必要ありません。事業計画の的確性が認められれば、事業を開始しようとする人に対して融資が認められます。これは事業資金というもので保証人なしで融資が可能であり、無担保であるいう点が、新創業融資制度の着目すべき点です。最大1,000万円までの融資額に限定されていること、融資を受けるには条件があり、審査を通らなければならないなどの制限はあります。

また、日本政策金融公庫の扱っている新規開業ローンには、担保や保証人が必要となる新規開業資金があります。こちらの融資額は最大7,200万円と、新創業融資制度と比較するまでもない大口融資で、担保や保証人の重要性が推してはかれます。日本政策金融公庫に確認することで、無担保で保証人を必要としない融資のための条件等をチェックすることができるでしょう。

中小企業向け無担保融資

中小企業を対象とした無担保融資が存在します。消費者金融会社の扱うキャッシングローンなどは無担保の金融商品が多いですが、融資金額が高額でも無担保で利用できるものが存在します。それは、中小企業を対象とした無担保融資です。主に銀行などが融資元となるもので、一定の貸し付け条件で中小企業に対して行う融資がこれに当たります。

かつて、銀行の経営安定化を目的に早期是正措置などが導入されたことがあり、銀行の融資方針が変わった時期がありました。他社への融資額を少なくすることが、自己資本比率を上げる手っ取り早い方法です。そして、融資することで起こる可能性のある不良債権を無くし、経営の安定化を図るためにも融資が控えられた時期がありました。貸し渋りという状態は、こういうことをいいます。

貸しはがしも背景にある事情は同一のものです。既に融資してある金銭を積極的に回収することで融資を減らすという方法をとるものです。ここ数年は、以前と比べて銀行の利益も高くなる傾向があるので、中小企業向け無担保融資を行う銀行も少しずつ増えている状況も見られるようです。

中小企業向け無担保融資として、実際に融資を行っている金額は銀行などによって様々のようです。中小企業が何に対して無担保融資を用いるかに関しても、銀行のあり方は様々です。運転資金や追加資金のためにも、経営を安定化させるためにも、中小企業向け無担保融資があれば中小企業にとって心強いことは違いありません。

無担保融資とは

担保を必要とせずにローンが組める、無担保融資という金融商品があります。金融機関でまとまった金額を借り入れる時は、契約時に担保が必要となることがあります。ローンを組む時などに、返済義務が履行されなかった時に備えて債務者から債権者に出しておくものです。お金を返しきれなくなった時、担保を使って弁済を行います。ローンを組んで融資を受けたものの返済の過程でお金を返しきれなくなると、借りた側の財産は売却されてお金に換えられ、貸した側で分配するとあらかじめ決めておきます。担保とは、こういったケースで取り決められた財産です。高額融資を必要としているキャッシングローンほど審査も厳しく、担保にもそれ相応のものが求めれます。土地や家屋が多いですが、絵や貴金属なども担保として使うことができます。このような担保がなくても融資を受けられる融資が、無担保融資といわれるものです。

キャッシングなどの小口融資はほとんどが無担保融資になっています。担保なしでの金銭の貸し借りになりますので、住宅ローンのような高額融資にはなりません。だからキャッシングのような小口融資でなければ無担保で融資をすることは難しいのが現状です。もし仮に、無担保融資でかつ利用限度額の高額のキャッシングローンが存在した場合、利用については慎重になるべきです。返済条件に何かあったり、金利が不当に高かったりと、穏やかに考えても担保必要の高額融資には何らかの付随事項があると考えてまず間違いはないでしょう。
株主優待制度
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。